海外展開

200年前に薬種商を創業した時から、また、約100年前に「ボラギノール®」を創製し天藤製薬を創立してから現在まで継続して、『患者様の生命や健康を第一とする』ことを、『製品品質』と『情報品質』の両面で実践してきました。

なぜ、海外事業を始めたのでしょうか?

100年前の日本と同じように、まだ「痔」という病気の認知が低かったり、「痔」の専門薬がなかったりする国々がたくさんあるからです。痔の薬がたくさん使われて市場が大きい国よりも、市場が小さくても、市民の皆様に「痔」という病気がまだ認識されていない国々で海外事業を始めたいと思っています。なぜなら、創業の地、日本での事業は、「お尻は痛いけれど、痔という病気とは知らなかった」という多くの患者様をきっかけに始めたものだったからです。

このページのPDF版はこちら